生活影響の食事やダイエットに最適な色とは

女性の方であれば「理想のスタイル」などを目指してダイエットに励んでいるという方もまたいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、体重をコントロールして健康をキープする色というものについて考えていきましょう。

精神的な鎮静効果

人はストレスがたまると食欲が増加してしまうという事もあります。
俗に言う「ストレス太り」や「ストレスからくる暴飲暴食」がこれにあたります。

まず、心を落ち着けるような色を取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

その色が「青色」なのです。

青は、自律神経系に働きかけを行います。
緊張状態である交感神経が優位になっているという状態を抑えて改善してくれる効果があります。
イライラしていて食べ過ぎるかもしれない。そんな時には青色を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

脂肪燃焼を助ける

運動を取り入れて健康やダイエットをという場合には、脂肪を燃焼させやすい色味を取り入れていただくのもやすすめです。
それが暖色系の色味です。

例えば、赤やオレンジ・黄色などがそれにあたります。
暖色系の色には、アドレナリンの分泌を促進し、やる気を刺激したり心拍数をあげて脂肪の燃焼をサポートしてくれる可能性があるのです。

スポーツウェアや手に持つタオルなどからはじめていただくと良いかもしれません。
ただ、お部屋などに赤色を多用してしまうと「落ち着かない」と感じることもあるかもしれませんので注意しておきましょう。

食欲を抑えたいとき

健康やダイエットをという場合、食事量が多くてネックとなっているという場合もあるかもしれません。
そのような時には「青色」がおすすめとなっています。

青は精神鎮静作用のほかにも食欲を抑える色であるともいわれているのです。

食器類からランチマットなどに青色を意識して取り入れてみると良いかもしれません。

黄緑や紫なども同じ効果が得られると考えられているのですが、食べ物がまずく見えるとも言われていますので、お料理を作って誰かに出すと考えるとお勧めしにくい色でもあります。

色と健康・美容

このように、色と病気やダイエットといった美容的意味合いから考えると取り入れたい色がいくつかあるとお分かりいただけたかと思います。

健康促進・理想のスタイルを目指して努力中だという方は実践されてみてはいかがでしょうか。