病気に合わせた色選びとこだわりの識別について

みなさんは「色」というものにどのようなイメージがあるでしょうか。
自分の好きな色やつい手にとってしまう色などお洒落感覚で捕らえている方もいらっしゃることでしょう。
しかしながら、色には実にさまざまな特徴があります。

それは時には人間の心身に大きな影響及ぼしているのです。
今回は、色と病気という点について見ていきましょう。

振動数について

色には振動数というものがあります。
振動数は、人間の身体や心の振動数と共振させて、時には健康を増進されるものとも言われているのです。
代表的な色にもそれぞれの力を含んでいるという事が言えるでしょう。

黄色について

黄色には神経の興奮を促す作用があります。
思考能力を高め、集中力を発揮したり食欲を増進されたりという効果が期待できるのです。
ですから、ランチマットを黄色にしたりなどすることによって食事も進みやすくなることでしょう。

更に、消化や便通などをよくする効果もあると言われています。
宿便がスムーズではないという方は、トイレマットを黄色にしたりと目に触れるように心がけるのも良いかもしれません。
ただ、注意点があります。

それは「過度に使いすぎないこと」です
使いすぎてしまうことによって神経を混乱させることもありますので、リラックスができなくなる可能性も考えられるのです。

赤色の効果について

肌寒いと感じる時には赤色がおすすめとなっています。
赤という色には、人間の体温を上げたり血圧を上げたりという事が出来るのです。

特に女性の方などにおいては、冷え性の方も多いでしょう。そのような場合には赤を身につけると良いかもしれません。
また、季節的に身体の冷えを覚えるという場合には赤系統のものを取り入れると良いでしょう。
冬場の外出時などに意識をしてみてはいかがでしょうか。

青色の効果について

高血圧・不眠症などで悩んでいらっしゃる方は「青色」の力の効果を取り入れてみるのも良いでしょう。
よく、犯罪者や精神疾患患者の部屋に青色を採用されている理由は、心のイライラを鎮める効果が期待できるからだと言われています。

眠りに適した色とされていますので、就寝前に青色の日からを浴びるのも良いとされています。
相性としては「白色」との相性が良く、水や空といったクリアな印象を持たせることが出来ます。
さらには、青色を見ることによって高血圧を降下させるとも言われていますので、神経緊張作用を軽減することもしやすいでしょう。
寝つきが悪いなどという方も先に触れたように光を浴びるのも良いですし、ベットリネン類などを青色にするのも効果的であると言われているのです。

身近なところから取り入れてみましょう。

また、寒い日には身体を冷やすという作用がありますので、そのような際にはこの青色を避けるように心がけるとよいでしょう。
食欲抑制の色ともいわれていますので、食欲が欲しいという時にはオススメできない色ともいえるでしょう。
逆に、食べすぎを抑えたいなどとう時には有効的です。

ただし、食事が美味しくないように見えてしまうという作用もありますので、ご注意していただければと思います。

色と病気の効果を取り入れる

このように、色を選ぶことによって病気にも何かしらの影響が出てくる可能性があります。
こうした方法ですと、副作用もありませんし依存性などもありませんので安心した形で実践していただけるのではないでしょうか。
先のような悩みを持っている・健康を目指したいという方は色を意識してみてはいかがでしょうか。